商品情報
トップページ 展示会情報 商品情報 交通アクセス お問い合わせ
ともに生きる3つの提案―“手の技”とともに生きる

The tool exhibition to live for with "the skill of the hand"
2014年4月24日(木)~5月19日(月) 最終日15時迄

家具や家電、食器や文具、小物、洋服などの服飾品、装飾品そして調度品
私たちはたくさんの“もの”と生活をともにしています
その人がどんなお洋服を着て、どんな小物を持ち、どんな鞄から何を出すか・・
またどの様な家具を選び、どんな調度品に囲まれて暮らしているのか・・

ほんの小さなものにまでたくさんの選択肢が用意されているしあわせな現代社会では
その人を取り囲む“もの”を見ることによって、その人が分かるという事が
往々にしてあるのではないかと思います
翻っていうとそれは、明確な意思があったかどうかではなく
どんな“もの”を選びとるのかによって「人」は形成されていくのかもしれません

最近、もの作りの作家さんのお宅にお邪魔させて頂く機会が多くあります
どこにお邪魔させて頂いても、日々の暮らしを丁寧に営んでいらっしゃるという
気持ちの良さを感じて、ついつい長居したくなります
その気持ち良さはどこから来るのかと不思議に思い、観察してみました
すると、気持ち良く感じるお宅の住人の方たちはみんな
器はもちろんの事、お客様の目につかないタッパーや台拭き
そんな小さなひとつひとつまで、丁寧に選びとられた“もの”
たちに囲まれて生活してらっしゃるのが分かりました

丁寧に暮らすという事は、丁寧に“もの”を選ぶという事から始まるのかもしれない

開店以来、“もの”を商う店として、私たちの出来る唯一の事は
“もの”を通してお客様の暮らしをより豊かにするお手伝いだけだと改めて認識しました
皆さまの丁寧で豊かな暮らしをお手伝いするための『京』が思う3つのテーマ
それをご提案する展示です

4月後半からGWにかけて始まる、ふたつ目のご提案は“手の技”

同じサイズの、同じカオをした、同じ手触りの“もの”たちが
大量に生み出さるいまの時代だからこそ
少しぐらいいびつでも、やさしい温度が感じられる人の手から生み出さる“もの”達と
それを産み出す、機械には出来ない人の手の技を感じながら
暮らしていくのも素敵なのではないでしょうか?
あなたらしい“手の技”とともに暮らす“もの”を探しに是非『京』へいらして下さい