商品情報
トップページ 展示会情報 商品情報 交通アクセス お問い合わせ
谷口晋也個展—継ぐもの 変わるもの

2012年7月12日(木)〜30日(月) 最終日17時迄
作家来店日 7月14日(土)、15日(日)、16日(月)、22日(日)、29日(日)

プロフィール
1978年 京都府生まれ
2003年 京都市芸術大学大学院美術研究科工芸専攻陶磁器修了

谷口さんとうちの店の付き合いは意外に長い

最初は、取引先さんの息子さんとして

うちの店から歩いて15分ぐらい
五条坂にお店のある、清水焼の窯であるその取引先さんには
何かというと愚痴を聞いてもらいに良く通った
そのお店の一角にひっそりと谷口さんの作品は置かれていた
絵付けの器がちりばめられた店内で
白磁と青磁のやわらかいフォルムの谷口さんの作品はほんのりと主張していた
それが気になって、その窯の展示の時に一緒に置いてみませんか?と声を掛けてみました

それから何度か展示の度に作品を出して頂き
昨年からは常設でもほんの少しお取扱いさせて頂くようになり
そして、作品と同じようにほんのりと主張する人見知りの谷口さんと
ちょっとづつちょっとづつ言葉を交わすようになり、一緒にお酒を飲みに行くようになり
知り合って6年後・・・やっと谷口さんの個展をさせて頂く事になりました
“気が付いたら側にいた”という様な何だか不思議なご縁です

谷口さんの作る作品は、出会った時に拝見したやわらかい白磁と青磁
それから土瓶にはまって土瓶ばかり作っていらっしゃっると思ったら
いつの間にやら煎茶器になり、振り出しになり
現在はそばちょこが流行りだそうです
6年という年月見てきた私たちですらどんな作家さんなのか説明のつかない谷口さん
その創作の軌跡を辿ろうというのが今回のテーマです

この個展用にリクエストして作って頂いた新作の一服碗なども並ぶ予定です
是非いらして下さい