商品情報
トップページ 展示会情報 商品情報 交通アクセス お問い合わせ
つちや織物所—織りの表情

2012年5月31日(木)〜6月11日(月) 最終日17時迄
作家来店日 5月31日(木)、6月2日(土) 午後

土屋美恵子プロフィール

新潟県生まれ

京都にて織りの基礎を学び、以後独学
1998年より各地で個展、グループ展

2006年奈良市に工房つちや織物所を開設
   それまでのストール、マフラーに加え
   暮らしの道具も作り始める

2008〜2010年 日本民藝館展入選

つちや織物所HP
http://www5.plala.or.jp/tsuchiya-orimono/main/main.htm

天然素材のさまざまの糸を組み合わせて機を織り
それらの布を用いて、現代の生活を潤す品々を作っているつちや織物所

今のような時代の中で、手織りという方法で制作をする事はなかなか難しい
と仰りながらも、わざとらしい手仕風になってしまわないよう
わざわざ手で織り、草木染をしたからという事でお客様に選んでもらうのではなく
作られた商品、それ自体の良さを感じて選んでもらえるようなものでありたいという
高い志を持ちながら、実直にもの作りに取り組んでおられます

つちやさんご本人もご自身がお作りになる布のように、しっとりとした優しい方なのですが
同時に、凛として背筋が伸びた清らかな強さを漂わせていらっしゃいます

そしてまた、つちやさんの工房兼ご自宅にお伺いすると、本当に必要なものだけに囲まれた
とてもシンプルで生活を楽しむ暮らしをされている事が伝わってきます

つちやさんの紡ぎだす世界は、一見、簡素で色合いもシックですが
すぐにそれらの布に息づいている愛嬌や居心地の良さを感じる事ができます
それはまるで、つちやさんの日々の豊かな生活とつちやさんご本人の様です

昨年、納品して頂いた商品には、珍しく黄色が使われていました
先日お会いした折に、珍しいですね?と尋ねたところ
震災後は黄色が見たくなって・・・というお返事を頂きました
つちやさんらしいなぁとすごく納得してしまいました

毎日をきちんと暮らしていく中から作られるつちやさんの作品を
是非一度お手に取ってご覧くださいませ