商品情報
トップページ 展示会情報 商品情報 交通アクセス お問い合わせ
寄り添う硝子と彩る硝子—津田清和個展

2012年1月19日(木)〜2月6日(月) 最終日17時迄
作家来店日 1月19日(木)午後

津田清和・・・硝子作家

金沢の卯辰山工芸工房で学んだ後、富山ガラス工房のスタッフとして働く
現在、奈良に自身の工房「atelier SHIZUKU」を設立

極限まで澄み切った凛とした空気と柔らかな光
津田さんの作る硝子は、そんな冬のようだと
津田さんの硝子と出会ってからずっとそう思ってた

そんな個人的な思いが実って、冬に硝子は売れないという津田さんを説き伏せ
冬のど真ん中に津田さんの2回目の個展をさせて頂く事になりました

初めての個展では、津田さんのアートワークに近い作品である

花器やフタモノ、オブジェを中心に、どこまでも静かでありながら存在感のある
津田さんの世界の一端をほんの少し表現してみました

今回もアートワークに近い世界は、生活を“彩る”硝子として見せつつ
もう一方の表現である、すぐ側にありいつでも使える『日常のうつわ』としての
津田さんの硝子—生活に“寄り添う”硝子も新たに知って頂けたらと思っています

そんな両方の世界を通して、真冬の凛とした空気とやわらかい光を纏った
津田さんにしか生み出せない硝子の佇まいを、是非感じてみて下さい